ニキビを綺麗に治したければ、原因を特定しましょう

大人ニキビは吹き出物とも言われ、20歳を超えてから出来るニキビの事を指します。
同じ個所に繰り返しできることで悩んでいる人も多いかと思いますが、その原因はと言うと、具体的には知らないという人は多いのではないでしょうか?

 

呼び方が変わるだけあり、思春期ニキビと大人ニキビでは発生する原因が異なりますし、治し方も違います。
ニキビ程度と簡単に考えず、一度ニキビが出来てしまった原因を見直してみましょう。いつまでも治らないのは治し方が違っているからかもしれません。

 

繰り返し炎症を起こしていると、ニキビが治っても跡が残ることがあります。
繰り返しニキビが出来て腫れてしまったり痛みが出たりするだけでも嫌なのに、治ってからも跡やシミが残ってしまっては、もっと嫌ですよね。

 

そうならない為にも、なぜニキビが出来るのか原因を特定して、早めに対処することが大事になります。

ニキビが出来る原因

シンプルに言うとニキビの原因は「毛穴が詰まる事」です。ではなぜ毛穴が詰まってしまうのでしょう。

 

毛穴が詰まる原因は大きく分けると以下の原因になります。

 

皮脂が過剰に分泌される

たとえ皮脂が多く分泌されていたとしても、毛穴から排出されている限り、毛穴が詰まるようなことはありません
しかし、毛穴から排出しきれない量の過剰な皮脂が分泌されてしまうと、毛穴は詰まってしまいます。

 

女性は本来20代になると皮脂の分泌は減少傾向にあります。しかし、
大人でもストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などの影響で皮脂の分泌が過剰になることもあります。 

毛穴の入り口の付近が角化し、皮脂が出にくくなる

2つ目の原因は、皮脂の出口の毛穴周辺の角質が過剰に厚くなってしまい、毛穴の入り口が塞がる事です。
「過角化」と呼ばれる現象が原因で、皮脂と同じように睡眠不足、ストレス、また間違ったスキンケアなどで発生します。

 

間違ったスキンケアと化粧品選び

3つ目の原因は、過度な保湿や毛穴を詰まらせやすい成分を使用した化粧品の使用、メイクなどの汚れがちゃんと落とされていないと言った、間違っているスキンケア、化粧品選びになります。

 

 

油分が多くて毛穴を詰まらせやすい成分が入ったコスメや基礎化粧品を使用していたり、メイクをしたまま寝てしまうと言ったことも、毛穴を詰まらせる原因の一つです。 

ニキビによる赤みの原因

ニキビと聞いて多くの人がイメージするのは、赤いポツポツと膨らんでいるおできのような状態ではないでしょうか?

 

ニキビには段階があり、赤みを帯びたニキビは初期段階のニキビではありません
初期段階のニキビは白いブツブツがあり、白ニキビと呼ばれます。

 

コメドと呼ばれる皮脂の塊が毛穴に詰まってしまって盛り上がっている状態の事で、
これをきちんとケアせずに放置していると赤みを持ったニキビへ進行してしまいます。
赤みを持ったニキビは炎症を起こしており、皮膚の盛り上がった部分だけでなく、ニキビの周囲が赤みを持って見た目がひどくなる場合があります。

 

白ニキビから赤ニキビへ悪化する原因

なぜニキビが悪化してしまうのかと言うと、毛穴の中に皮脂汚れや角栓が溜まっている状態が続くことで、アクネ菌が増殖してしまうためです。
アクネ菌は遊離脂肪酸という物質を生み出します。大量に詰まってしまった皮脂汚れと遊離脂肪酸が合わさって膨張してしまう事で毛穴が破壊されてしまいます。

 

そして、毛穴の中に溜まっていた老廃物が肌細胞の真皮層まで届いてしまうことになります。

 

結果、赤みを持ったニキビ=赤ニキビとして腫れ上がってしまい、
その周辺の皮膚まで老廃物の影響で赤みを持って炎症を起こしたような状態になってしまうのです。 

ストレスでも赤みが悪化

ニキビが赤みを持って炎症を起こしてしまう原因は、初期段階で適切なケアをしなかったり、日頃から皮脂汚れなどをちゃんと洗い流していない事にあります。

 

 

 

 

 

 

指で触る

無意識にニキビなどの気になる部分を触ってしまう事があると思います。目には見えなくても指にはホコリや雑菌などが付着しているので、ニキビに触ってしまうと菌が増殖してしまいます
指で軽く触れるだけでも刺激になって、炎症を助長してしまうのです

 

 

 

 

アルコールや煙草などの刺激

アルコールや煙草、紫外線なども刺激の要因の一つです。糖分や脂肪分を取りすぎたり、塩分や辛いものなどの刺激があるものを食べすぎること。
便秘で体内に老廃物を溜めてしまうことや、自分の肌に合わない化粧品をつけることも赤みを増すことになってしまうので注意しましょう

市販薬はニキビ跡やニキビに効果はあるのか

赤みがかったニキビ跡や色素が沈着したニキビ跡を市販の薬や漢方薬などで消そうと試す人は多いと思います。

 

薬での治療はすぐに出来る、効果が出るのが早いというメリットがあるのが人気の理由です。
実際、ニキビの種類を問わず、
市販されている薬の「抗生物質」「抗炎症剤」「ビタミン剤」等を使用することで、ある程度は跡を治すことが期待できます。 

 

しかし、赤みがかったニキビ跡や色素沈着してしまったニキビ跡などは、市販されている薬で完全に消すことは難しいでしょう。

 

市販されている薬は、あくまで初期段階のニキビ跡には効くようになっていますが、症状が進んでしまったニキビ跡に関しては、綺麗に消したいのであれば皮膚科などを受診し、専門薬などを処方してもらった良いでしょう。

 

十分注意して薬を使いましょう

あくまで、市販されている薬は初期段階のニキビやニキビ跡を治すサポート薬と考えると、おのずと使い方も分かってくると思います。
薬があるから大丈夫といって、楽観していると思わぬ悪化を招くかもしれません。市販されている薬のみを使ってのニキビ跡の治療は十分注意しましょう。

 

また、どうしても早く症状を和らげたい場合には、ビタミンC等を含んでいる薬を使う事である程度は改善されることは覚えておいて損はないでしょう。

ニキビ用の塗り薬 化粧水 美容液 どの順番でつければいいの?

市販のニキビ用の薬を買ったり、皮膚科に塗り薬を処方してもらったとしても、スキンケアの手順として、塗り薬と化粧水、美容液などをどのような順番でつければいいか分からない、なんて人は意外と多いのではないでしょうか?

 

基本的には医師に薬を処方してもらった時に教えてもらったら良いのですが、聞き忘れてしまったりすることもあるかも知れません。
以下は薬を塗るタイミングをまとめてみました。参考してみて下さい。

 

 

基本的に薬、化粧水は洗顔後

化粧水や塗り薬は基本的に洗顔後につけるようにしましょう。
洗顔後はお肌が清潔な状態なので、塗り薬も化粧水も汚れや皮脂に邪魔されることなく、お肌に浸透していきます。

 

ただし、洗顔したからと言って何もしないでいると、お肌が乾燥してしまい、皮脂を分泌させることになってしまうので、保湿するように心がけましょう。

 

 

塗り薬は先に

洗顔が終わったら塗り薬を塗りましょう。塗り薬は沢山つければ効果が出ると言う訳ではありませんので、薄く患部に塗るだけで大丈夫です。

 

その後に、
化粧水をつけ、乳液などをつけていってしっかりと保湿するようにしましょう。 

 

「化粧水と薬が混ざってしまって効果がないのじゃないか」と思われる方もいるかと思います。
東京の皮膚科医の方が実験をしてみた所、肌の上で薬とスキンケア用品が混ざったりすることはないという結果が出たそうです。

 

美容系の方もお肌に何か塗るときは効果の出てほしい順番に塗ると良く言われていますので。ニキビ薬を始めに塗るのも納得ですよね。
注意点としてはニキビ薬は患部にだけ塗るようにしましょう。他の部分にまで塗ってしまうと、逆にお肌に負担をかけてしまうだけになります。

ニキビはメイク厳禁ではありません

メイクをするとニキビが悪化してしまう、と言うような事を聞いたことがあるかもしれません。
実際の所はどうなのか調べてみました。

ニキビとメイクの正しい知識

特に女性は仕事をしていると、メイクをしないというのは難しい話です。ニキビの原因がメイクであるというのは医学的根拠に乏しい俗説ですニキビが出来る大まかな原因は毛穴が詰まってしまう事です

 

ただ、刺激性の化学物質を含む化粧品を使う事で、すでに出来ているニキビの炎症が悪化したり、ニキビ以外の肌トラブルが起きる可能性が否定できないので、刺激の少ない化粧品でメイクをした方が良いにこしたことはありません

 

 

敏感肌用の化粧品、もしくは「当該製品を使用したことによるニキビへの悪影響は見受けられません」などと確認できるノンコメドジェニックの化粧品でメイクをするのがお勧めです。
これらの点を気を付けていれば、特にメイクを控える必要はないでしょう。

 

また、ニキビを目立たせたくない場合は、補色を利用したカラーコントロールを試してみると良いでしょう。

 

赤みが気になるのであれば、補色であるグリーン系のパウダーファンデーションを使って補色合わせることで色同士の主張を打ち消すことになり、自然な肌色へ近づける事が出来ます。

 

頬にニキビが多く出ている時には、目元や唇に明るい色を入れることによって注意を頬から中央に向けて目立たなくさせる方法もあります。
人は目立っている場所に視線を向ける性質があるので、ニキビの赤みや有無に気付きにくくなるはずです。

 

ニキビに悩んでいる人のメイク法まとめ

 

メイクがニキビが出来てしまう根本の原因になることはありません。ですので、ニキビが出来たからと言って、メイクをすることに問題はないと言えるでしょう。 
ただし、ニキビが多発している状態は、肌が本来持っているバリア機能が弱まっている証拠です。
低刺激系の化粧品でメイクをするなどして、今自分は敏感肌であるという自覚をもってメイクをしたり化粧品を選んだりする必要があります。

 

 

ニキビは外部の刺激によって悪化しますので、日焼け止めや保湿などのスキンケア用品は使用したほうが良いと言えるでしょう。低刺激性の物をうまく選んで活用しましょう。
以上の注意点を守れば、メイクをすることに問題はありません。

ニキビの芯としこり

ニキビの芯と言うのは、毛穴に詰まった皮脂が酸化して固まってしまった角栓上の物の事を言います。医学用語では「コメド」などと呼ばれています。

 

ニキビの症状は色々段階があり、放っておくと症状が悪化していくのですが、初期症状で現れるのがコメドになります。

 

皮脂が詰まって毛穴が呼吸できなくなると、古い角質が毛穴を塞ぎ白く盛り上がって白ニキビになります。

 

症状が進んで毛穴の皮脂が参加すると黒ニキビとなるのですが、この状態の時にツブツブが出てきます。この時に内部に詰まっているものがコメド、芯と呼ぶことが多いです。

 

さらに症状が進むと、炎症を起こして赤く腫れあがってしまい、しこり状に固まります。この状態で放置してしまうとニキビ跡として残ってしまい、長時間悩まされることになる可能性があります。

 

自己流ケアは危険

芯やコメドと言われているものはニキビの初期段階なので、取り除くことが出来れば悪化しなくて済むと言われています。

 

しかし、お肌やニキビに関する知識の少ない素人が自己流のケアをするのは危険です。

 

指や爪の先で芯を押し出すことで肌を傷つけてしまい、雑菌が入るなどしてニキビをより悪化させてしまう事がよく見かけられます。

 

ピンセット等を芯に押し当てて引っ張るなどして強い刺激を与えるのも同様です。
うまく芯が取り除ければいいのですが、失敗してしまうと初期段階なのに跡が残ってしまうリスクがあります。

 

「うまく芯が取れればいい」というのではなく、適切な方法で芯を取り除いてやることが重要になってくるのです。

 

肌の負担を考えて芯を取り除く

自己流のニキビの芯の取り除き方をしていると、毛穴が大きくなりより一層皮脂が詰まりやすくなり、ニキビが出来やすい状態を作ってしまいことにもなりかねません。

 

入浴をしたり、スチーマーをあてたり蒸しタオルで包むなどして毛穴を開かせることから始めましょう。お肌が柔らかくなってニキビの芯が出しやすい状態になります。

 

 

綿棒などの清潔で先端が尖っていなくて刺激の弱いものを使用して、毛穴のわきを押すことで、芯が押し出されやすくなります。

 

ニキビの芯を押し出した後は、保湿やパック、化粧水などを使って毛穴を引き締めるケアをしましょう。
これをすることで、毛穴が大きくなって皮脂が詰まり安くなるのを防ぎ、再度芯が出来にくいようにすることが出来ます。